2012年04月19日

フレイヤー

やっと、修理完了です。(^^)

2ヶ月程まえに、上空へギューンと上げている途中で、エンジン周りから異音がしました。
マフラーが外れたような変な音がしたので、オートロ気味で降ろしてきました。
壊したかなー!と思いましたが、何事もなかったように静かにホバリングしてます?
仕事も忙しくなり、修理する時間もなくて、それからずっと、お蔵入りしていました。



やっと時間がとれるようになりましたので、クラブの友人宅へおじゃまして
修理しました。

1日目
 マフラーやエンジンを降ろしましたが、何ともなく綺麗なものでした。
 クラッチベルを外すと、ベヤリング付近に白い切り子が出ていました。
 これだー!
 ベヤリングからの異音だったのだとわかり、これまた友人にベヤリングと
 クラッチベルを頂いて交換しました。(ありがとうございました。)

2日目
 期待に胸ふくらむ交換後のフライト、ところがエンジンのパワーがうまくメインローターに
 伝わっていない感じです。ホバーリングから少しパワーを入れると情けない感じで
 エンジンの回転だけ上がります。
 すぐに降ろして、もう一度点検です。

3日目
 またまた友人宅へおじゃましました。(^^; いつもありがとうございます。
 クラッチ周りは新品なので、ワンウェーベヤリングではないかと友人からの指摘
 おー!確かに症状と合致します。
 スペヤーパーツと交換・新品ではありませんが、たぶん大丈夫。

4日目
 おー!今度は良好です。
 あとは、ニードルのセッティングだけです。
 と言うのも、ややエンジン周りから高めの金属音がしています。
 先日まで燃料にFAI20-20 を使っていましたが、オイル分が少ないので
 気温変化でニードルのセッティングを毎回していました。
 サンデーフライヤーの私にとっては、めんどくさいなーと感じていた所です。
 そこで、昔から慣れ親しんでいた 700R を使ってみる事にしました。
 この燃料は、粘性が高いので、アイドリング・中域・メインのニードルを
 少し開ける必要があります。
 ゆっくりセッティングしていこうと思います。

 ゴールデン・ウィーク前に機体の修理が終わってよかったです。

 よーし、飛ばすぞー。(^^)v




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。